【毎日更新】line walker Fate GOプレイ日記

毎日欠かさず更新して約9年・・・・・。最近はFate関連の記事しか書いてません。たぶんFate関連のブログじゃ画像使用数が世界一であると自負しています。

【FGO感想 伝説の竜殺し】無間氷焔世紀 ゲッテルデメルング 消えぬ炎の快男児 第2節「魔剣強襲(後編)」【シナリオキャプチャ】

20180726084808

 

 

 

20180726084809 20180726084810 20180726084811 20180726084812 20180726084813 20180726084814 20180726084815 20180726084816 20180726084817

 

 

これは、、、戦闘か。

 

 

20180726084818 20180726084819 20180726084820 20180726084821 20180726084822 20180726084823 20180726084824 20180726084825 20180726084826 20180726084827 20180726084828 20180726084829 20180726084830 20180726084831 20180726084832

 

 

このままじゃいずれ見つかる。無事に見逃される可能性に期待するくらいなら・・・打って出るべき、かな。

 

 

 

20180726084833 20180726084834 20180726084835 20180726084836 20180726084837 20180726084838 20180726084839 20180726084840 20180726084841 20180726084842 20180726084843 20180726084844

 

 

よし、いこう!

 

 

20180726084845

 

 

・・・!?

 

 

え?

 

 

 ボーダーのハッチに手をかけたその時、奥の扉からおっ・・・新所長が声を上げた。

 

 

20180726084846 20180726084847 20180726084848 20180726084849 20180726084850 20180726084851 20180726084852 20180726084853 20180726084854 20180726084855 20180726084856 20180726084857 20180726084858 20180726084859 20180726084900 20180726084902 20180726084903 20180726084904 20180726084905 20180726084906

 

彼は自分の保身を最優先する。

そして、自分の安全には、この場にいる全員が無事である必要をわかっている。

 

言い方はアレだが、少しでも安全の確率の高い方を選択する。

 

それはこの場の責任者、代表として足り得る言葉だった。

 

 

20180726084907 20180726084908 20180726084909 20180726084910 20180726084911 20180726084912 20180726084913 20180726084914 20180726084915 20180726084916 20180726084917 20180726084918

 

 

つまり、予定変更してシートベルトです?

 

 

20180726084919 20180726084920 20180726084921 20180726084922 20180726084923 20180726084924 20180726084925 20180726084926 20180726084927 20180726084928 20180726084929 20180726084930 20180726084931 20180726084932

 

 

今は、全員安全で逃げることが先決!

 

 

20180726084933

 

 

ガゴン!

 

 ボーダーに走る衝撃。静かにうねりを上げていたエンジン音が突如異常音を鳴らした。

 

 

20180726084934 20180726084935 20180726084936

 

 

ふわりと浮かぶ浮遊感。しかし、これは、船体が、傾いて・・・・

 

 

 

 

20180726084937 20180726084938 20180726084939 20180726084940 20180726084941 20180726084942 20180726084943 20180726084944 20180726084945

 

 

ぐわん、ぐわんと船体が揺れる。外部から無理やり船体のバランスが狂わされている。

 

 

こどもが飛行機のおもちゃを手に持って振り回すがごとく、船体は激しくランダムに揺れ・・・・

 

 

20180726084946 20180726084947

 

 

頭の先から足の爪の先まで、鈍い激突音が耳と体全体を突き抜けた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20180726084948

 

 

一瞬飛んだ意識が、すぐさま警報音で現実に戻る。

 

 

20180726084949 20180726084950 20180726084951

 

 

だ、大丈夫、目がちょっと回っただけ・・・・。

 

 

20180726084952 20180726084953

 

 

浮遊感のあと・・・一回転して、凄いスピードで突っ込んだ?

 

 

20180726084954 20180726084955 20180726084956 20180726084957 20180726084958 20180726084959 20180726085000 20180726085001 20180726085002

 

 

・・・。

 

 

20180726085003 20180726085004 20180726085005 20180726085006 20180726085007 20180726085008

 

 

ドゴっ!

 

 硬い何かが船体に当たった音。

 

 

 ガタン、と船体が斜めに揺れる。

 

 

20180726085009 20180726085010 20180726085011 20180726085012 20180726085013 20180726085014

 

 

行こう、マシュ!

 

 

 シートベルトを外し、ボーダーのハッチに手をかける。

 

 今度こそ、自分たちがなんとかしないと。

 

 

 

 

20180726085015 20180726085016 20180726085017 20180726085018 20180726085019 20180726085020 20180726085021

 

 

 

 

20180726085023 20180726085024

 

 

そこまでだ!

 

 

 ボーダーの脇に佇む異様の影。

 

 

20180726085026 20180726085027 20180726085028 20180726085029 20180726085030 20180726085031 20180726085032 20180726085033 20180726085034 20180726085035 20180726085036 20180726085037 20180726085038

 

 

魔剣。その言葉に英霊は動きを止めた。

 

たった一度の敵の攻撃。

 

それだけでホームズは神性属性を持つ魔剣使いの英霊と見抜いたのだ。

 

 

20180726085039 20180726085040 20180726085041

 

 

振り上げられた禍々しい剣。

 

 

20180726085042

 

 

それがボーダーに触れる寸前で弾くマシュ。

 

 

20180726085043 20180726085044

 

 

相手の動きが鈍い間にマシュも反撃する。

 

 

20180726085045

 

 

しかし、彼は片手で腰に携えた短剣でマシュの盾を弾き返した。

 

 

20180726085046 20180726085047 20180726085048 20180726085049 20180726085050

 

 

剣の軌道が全然見えない・・・。間違いなく、最上級のセイバークラス・・・!

 

 

20180726085051 20180726085052 20180726085053

 

 

ホームズの忠告にマシュの出る足が止まる。どうみても戦力差は明らかだった。

 

 

20180726085054 20180726085055 20180726085056 20180726085057 20180726085058 20180726085059 20180726085100

 

 

どうやって開けたのか、フォウがハッチから飛び出してきた。

 

 

20180726085101 20180726085102 20180726085103 20180726085104 20180726085105 20180726085106 20180726085107 20180726085108

 

 

 

 

 

 

 

20180726085109

 

 

 

 

 

20180726085110 20180726085111 20180726085112

 

あぁ、そうだ。ここで逃げるなんてできない。

"彼ら"の犠牲の上に今の自分がいる。

その"彼ら"の想いを曲げることだけはできない。

 

 

 

 

20180726085113 20180726085114 20180726085115 20180726085116 20180726085117 20180726085118

 

 

 

 

 

勝負は一瞬だった。

 

彼の剣は早すぎて捉えられない。

 

マシュ、ホームズも受け流すことだけで精一杯だった。

 

反撃するスキもない。

 

しかも、彼は明らかに手を抜いている。

 

自身の宝具だろうその魔剣ではなく、腰の短剣だけで攻撃してくるのがその証。

 

 

 

20180726085120 20180726085122 20180726085123 20180726085124 20180726085125

 

 

 仮面の英霊は何も言わず、その赤い眼光を煌めかせる。

 

 

20180726085126 20180726085127 20180726085128 20180726085129 20180726085130 20180726085131 20180726085132 20180726085133 20180726085134 20180726085135 20180726085136 20180726085137 20180726085138 20180726085139 20180726085140 20180726085141 20180726085142

 

 

 

 

 

 

20180726085143 20180726085144 20180726085145 20180726085146 20180726085147 20180726085148 20180726085149 20180726085150 20180726085151 20180726085152

 

 

赤い長剣・・・・。

 

 

20180726085153 20180726085154 20180726085155 20180726085156

 

 

 シグルドの攻撃は一層激しさを増す。防戦一方、しかしその防御も徐々に追いつかなくなっている。

 

 

20180726085157

 

 

 圧し負ける!?・・・・・いいや、まだだ!

 

 

20180726085158

 

 

礼装による瞬間強化。とっておきだけど、今はもうそんなこと言っていられない。

 

 

20180726085159 20180726085200 20180726085201 20180726085202

 

 

赤い魔剣が禍々しい光を放つ。

 

 

20180726085203

 

 

それは、終わりを連想させるには十分すぎるほどの魔力量で・・・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

20180726085204 20180726085205 20180726085206 20180726085207 20180726085208 20180726085209

 

 

 

 

 

そして、最悪の事態は起きてしまった。