【毎日更新】line walker Fate GOプレイ日記

毎日欠かさず更新して約9年・・・・・。最近はFate関連の記事しか書いてません。たぶんFate関連のブログじゃ画像使用数が世界一であると自負しています。

【FGOコミカライズ感想】英霊剣豪七番勝負 第1話「汝、死の門をくぐる者」【Fate / Grand Order Epic of Remnant- 英霊剣豪七番勝負】

 

 

f:id:must-ard:20190131011631p:plain

 

武蔵ちゃんっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっ!!!!!!!!!!!!!!!!

 

Webコミックマガポケで連載が開始したFate/GrandOrderコミカライズシリーズ、第三弾「英霊剣豪七番勝負」。新宿、アガルタ、セイレムと続々コミカライズが出ている中で、あの英霊剣豪がWebコミックで気軽に読めるということで早速読んでみました。

 

まだ読んでない方はこちらから~。

pocket.shonenmagazine.com

 

 

ー以下、ネタバレ含みます。ー

 

 

ç¾é¬¼å¤è¡ã®æªå¤¢ãçªç ´ãã

 

悪鬼羅刹の七騎が嘲笑う
──見よ、血染めの月が太陽を食い尽くす

 

f:id:must-ard:20190131012716p:plain

ぐだ子で始まる導入で惹き込まれる。

英霊剣豪は、女主人公で冒険することになるのですがいきなり亜種特異点(正確には亜種平行世界)に引き込まれるにぐだ子の描写がすごい描き込まれています。

いきなりどこか違う世界に飛ばされる、というのは、読み始めた読者とぐだ子の視点はある意味一緒で「あれ?ここは・・・?」という同じ視点で物語のスタートラインに立てるようになっています。

 

f:id:must-ard:20190131013159p:plain

ゲームでは割りとさっぱりとした描写ですが、漫画になると一気に異世界転生感が増します。見ているだけで、これからどうなっちゃうんだろう、というワクワク感と不安感が感じられます。

 

f:id:must-ard:20190131013817p:plain

親方、空から女の子が!!!

私、色んな漫画を読んでいますが、この始まり方大好きです。 

わけのわからない異世界に飛ばされて、最初に出会ったのが旧知の知り合いとか、もう一気に親近感湧いちゃいますよね。驚くぐだ子に対して、驚いているけどそれよりまず体が反射的に動いて受け止めてくれた武蔵ちゃんがカッコいい!

しかも「久しぶりね立香!」というこの距離感がいいですよね。ゲームでは、武蔵ちゃんが最初に実装された時の体験クエストで既に一度会っているという設定なので、ここでの二人は顔見知り。女主人公であるぐだ子だからこそ、頼もしいお姉さんという感じがとてもよく出ていると思います。これがぐだおだったらどうなっていたか、というのも気になりますけどね。

 

f:id:must-ard:20190131014234p:plain

そして出会う第一村人おぬいちゃん。親方!ここここの美少女は・・・一体!(じいさんに殺される・・・)

物語のキーパーソンとして出会うおぬいちゃんがもう可愛くて可愛くて大天使です。これは誘拐されてもしょうがない(不穏な言い方)。

 

f:id:must-ard:20190131014454p:plain

とにかく躍動感が凄い!

漫画だからというのもありますが、作者の「渡れい」先生の描くアクションの躍動感が凄いです。

武蔵ちゃんの服装って、細かい装飾が多くてなかなか動かしにくいはずなんですけど、もうページ内を羽根のように飛び交い、バッサバッサと華麗に敵を斬る様は漫画ならではの迫力です。

 

 

f:id:must-ard:20190131014704p:plain

もちろん、ぐだ子も立ち向かう。ただの傍観者じゃなく、ともに戦う覚悟を持っているからこそ、どんな窮地でも彼女は諦めずに立ち向かえるんですよね。いや、こういうぐだ子は本当にカッコいいなと思います。しかし、肝心のサーヴァントが召喚できないこの亜種世界で早くもピンチ。

 

f:id:must-ard:20190131015059p:plain

 

これはSSRランサーですわ。

カッコいいカッコいい言い過ぎですが、文句なしにカッコいい。窮地に駆けつけるこの王道展開、いやでも胸が熱くなります。ハゲだハゲだと散々バカにされてきましたが、こんなの見せられたら惚れてまうやろ。

 

 

 

f:id:must-ard:20190131011435p:plain

コミカルな部分も合わせて可愛い武蔵ちゃん。

 

 

f:id:must-ard:20190131015304p:plain

自分のことより世界の平和

現れたランサー宝蔵院胤舜(ほうぞういんいんしゅん)の話から聖杯が悪用されていると推測するぐだ子。聖杯回収に乗り出す覚悟を決めますが、それがもう、さも当然のように言うものですからカッコいい。本当は一刻も早く元の世界に戻らなきゃいけないのに、自分のことよりも悪鬼羅刹を倒して、平和にすることを優先するのだから、ぐだ子も凄いですよね。一連の流れ、そして、その言葉を聞いた武蔵ちゃんの心象が丁寧に描写されている素敵なシーンでした。

 

f:id:must-ard:20190131015807p:plain

そして現れる英霊剣豪

見知ったような顔もありますが、その登場は異質の一言。ゲームでもここは不気味に演出されていましたが、あの自称キャスターのいやらしさが既に漫画でにじみ出ていてなんともいえない気持ちにさせられます。

 

 

f:id:must-ard:20190131020408p:plain

来い・・・!これが私の仕事なんだから

キャスターの怪しい術でピンチ!だけど、彼女は諦めず、その右手の令呪にありったけの願いを込めます。ゲームではここからなんとかカルデアのサーヴァントの影法師を召喚できるようになりましたが、漫画ではどうなるか・・・・!

 

という感じで、非常にわくわくさせていただきました。とにかく1コマ1コマが丁寧に描かれている上に、下総の国の背景や戦闘描写の描き込みが素晴らしいので、何度読み直しても飽きないです。これは、早くじいさんに会いたいところ!

 

 

 

ちなみにこちらの動画で漫画の実際の作画風景を拝むことができます。

 

圧倒的熱量で描かれる英霊剣豪、

早くも次の話が読みたいですね...!