【毎日更新】line walker Fate GOプレイ日記

Fate/Grand Order関連の記事しか書いてません。たぶんFate関連のブログじゃ画像使用数が世界一であると自負しています。なんと画像総数14万枚突破・・・。

【FGO】堕天の檻【深海電脳楽土 SE.RA.PH】

 

 

 

そこは、本来意図せぬ禁則自体。

 

 

故に、封じられた禁忌がそこにはあった。

 

 

十層連ねる煉獄にて、檻。

 

光の中を憧れた天使が堕ちた場所。

 

 

f:id:must-ard:20190223142448j:plain

f:id:must-ard:20190223142455j:plain

 

 

 

 

http://fategrandorder.info/wp-content/uploads/2017/05/sakura5.jpg

 

 

 

 

 

 

気づくと深海の中にいた。

 

 

f:id:must-ard:20190223142458j:plain

 

 

というより、宇宙のようだ。

 

少し離れたところにブラックホールのような黒い渦が漂っている。

 

 

 

f:id:must-ard:20190223142503j:plain

 

 

きみは・・・?

 

 

f:id:must-ard:20190223142508j:plain

f:id:must-ard:20190223142517j:plain

f:id:must-ard:20190223142522j:plain

f:id:must-ard:20190223142527j:plain

f:id:must-ard:20190223142532j:plain

f:id:must-ard:20190223142536j:plain

f:id:must-ard:20190223142541j:plain

f:id:must-ard:20190223142545j:plain

 

 

え、何?H・・・・?

 

 

 

f:id:must-ard:20190223142549j:plain

f:id:must-ard:20190223142554j:plain

f:id:must-ard:20190223142558j:plain

 

 

イベント・・・?

 

 

 

f:id:must-ard:20190223142608j:plain

f:id:must-ard:20190223142612j:plain

f:id:must-ard:20190223142617j:plain

f:id:must-ard:20190223142620j:plain

f:id:must-ard:20190223142624j:plain

f:id:must-ard:20190223142629j:plain

f:id:must-ard:20190223142634j:plain

 

 

ハズレ?

 

 

f:id:must-ard:20190223142638j:plain

f:id:must-ard:20190223142642j:plain

f:id:must-ard:20190223142646j:plain

f:id:must-ard:20190223142650j:plain

f:id:must-ard:20190223142655j:plain

f:id:must-ard:20190223142659j:plain

 

 

厄ネタ・・・。誰の・・・?

 

 

f:id:must-ard:20190223142703j:plain

f:id:must-ard:20190223142708j:plain

 

 

あの孔っぽいのはそういうこと?

 

 

f:id:must-ard:20190223142711j:plain

f:id:must-ard:20190223142715j:plain

f:id:must-ard:20190223142721j:plain

f:id:must-ard:20190223142725j:plain

f:id:must-ard:20190223142730j:plain

f:id:must-ard:20190223142735j:plain

f:id:must-ard:20190223142742j:plain

 

 

角・・・?

 

 

f:id:must-ard:20190223142748j:plain

f:id:must-ard:20190223142751j:plain

 

 

誰のこと?

 

 

 

f:id:must-ard:20190223142755j:plain

f:id:must-ard:20190223142800j:plain

f:id:must-ard:20190223142804j:plain

f:id:must-ard:20190223142808j:plain

f:id:must-ard:20190223142813j:plain

f:id:must-ard:20190223142817j:plain

f:id:must-ard:20190223142822j:plain

f:id:must-ard:20190223142826j:plain

f:id:must-ard:20190223142830j:plain

f:id:must-ard:20190223142835j:plain

f:id:must-ard:20190223142839j:plain

f:id:must-ard:20190223142843j:plain

 

 

・・・つまり、どうすれば・・・?

 

 

f:id:must-ard:20190223142847j:plain

f:id:must-ard:20190223142851j:plain

f:id:must-ard:20190223142855j:plain

f:id:must-ard:20190223142900j:plain

f:id:must-ard:20190223142904j:plain

 

 

・・・わかった。ところで、なんでここにいるの?

 

 

 

f:id:must-ard:20190223142909j:plain

f:id:must-ard:20190223142913j:plain

f:id:must-ard:20190223142917j:plain

f:id:must-ard:20190223142921j:plain

f:id:must-ard:20190223142929j:plain

f:id:must-ard:20190223142933j:plain

f:id:must-ard:20190223142938j:plain

f:id:must-ard:20190223142946j:plain

f:id:must-ard:20190223142951j:plain

f:id:must-ard:20190223142955j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうして、、、、、、

 

 

 

 

1つ、

 

 

 

 

1つ、、、

 

 

 

 

真っ黒な回廊を下へ下へ目指した。

 

 

 

f:id:must-ard:20190223143002j:plain

 

 

そこにいたナニカは、名前も姿もわからない、サーヴァントなのかすらわからない。

 

悪意。

 

違う。

 

憎悪。

 

違う。

 

あれは残骸だ。

 

 

 

動くものがあれば、そに反応するだけの劣化した防衛機能。

 

 

攻撃は強力だが、魂を込めた英雄たちの太刀筋に比べれば、単調に過ぎない。

 

 

機械のようなニンゲンを殺していく。

 

 

 

 

 

 

そういえば、

 

 

 

消える寸前、決まって彼ら彼女らは笑うのだ。

 

 

 

オレは、その意味を知らない。

 

 

 

 

 

 

f:id:must-ard:20190223143021j:plain

 

 

 

気づけば十層目に来ていた。深海の中、更に下へ向かって落ちたはずなのに、周りは明るかった。

 

 

 

f:id:must-ard:20190223143025j:plain

f:id:must-ard:20190223143029j:plain

f:id:must-ard:20190223143032j:plain

f:id:must-ard:20190223143037j:plain

f:id:must-ard:20190223143042j:plain

 

 

 

サクラファイブ・・・。

 

 

 

f:id:must-ard:20190223143046j:plain

f:id:must-ard:20190223143050j:plain

f:id:must-ard:20190223143054j:plain

f:id:must-ard:20190223143058j:plain

f:id:must-ard:20190223143101j:plain

 

 

そんな危険なものには見えないけど・・・。

 

 

 

f:id:must-ard:20190223143105j:plain

f:id:must-ard:20190223143110j:plain

f:id:must-ard:20190223143114j:plain

f:id:must-ard:20190223143117j:plain

 

 

 

キューブが動き出した。まるで、眼の前にいる餌に反応する肉食獣のごとく。

 

 

ゆっくりと、その姿を顕にした。

 

 

f:id:must-ard:20190223143121j:plain

f:id:must-ard:20190223143125j:plain

f:id:must-ard:20190223143129j:plain

f:id:must-ard:20190223143133j:plain

 

 

耐えろ・・・ってどうすれば・・・・!!??!?

 

 

f:id:must-ard:20190223143138j:plain

f:id:must-ard:20190223143141j:plain

 

 

声が聞こえた。

 

穏やかな女性の声だった。

 

 

f:id:must-ard:20190223143150j:plain

 

 

 

 

 

 

声が聞こえた。

 

 

寂しそうな少女の声だった。

 

 

 

 

f:id:must-ard:20190223143154j:plain

 

 

声が聞こえる。

 

冷たい、女の子の声だ。

 

 

 

 

f:id:must-ard:20190223143158j:plain

 

 

声が響く。

 

 

渇いた淑女の声だ。

 

 

 

 

 

f:id:must-ard:20190223143207j:plain

 

 

少女がこちらを見た。

 

その体は、ヘラクレスより大きい。

 

 

 

 

f:id:must-ard:20190223143210j:plain

 

 

女の子が笑った。

 

その笑顔はスカディの氷より冷たい。

 

 

 

 

f:id:must-ard:20190223143214j:plain

 

 

彼女(サクラ)が手を伸ばす。

 

 

渇愛の、名の元に。

 

 

 

 

f:id:must-ard:20190223143218j:plain

 

 

 

 

 

・・・。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:must-ard:20190223143223j:plain

 

 

そのサーヴァントは規格外だった。

 

こちらの攻撃を上回る規格外の霊基。

 

ダメージを与えた先から、最大HPが増加していく。

 

彼女には際限が無い。

 

そして、その攻撃は、破滅的だった。

 

 

f:id:must-ard:20190223143227j:plain

f:id:must-ard:20190223143232j:plain

 

とっさに、ジャンヌの「我が神はここにありて」で、パーティ全員に無敵を付与。

 

そのまま、「神明裁決」とガンドで動きを封じつつ、二人のスカディの「死溢るる魔境への門」でひたすら回避を繰り返す。

 

H・C・Aは耐えろと言った。

 

彼女の壊滅クラスの攻撃が20ターンほど続いた。

 

 

そこにスキができた。

 

 

キャッシュクリア。

 

 

彼女は、一時的に「ヒュージスケール EX」を停止。その瞬間だけ、攻撃に対するあらゆる耐性が失われた。

 

 

f:id:must-ard:20190223143235j:plain

 

 

 

気を逃すまいとオーダーチェンジでジャンヌとスカサハを交代させる。

 

彼女の耐性が消えている間に、原初のルーンを重ねてスカサハのクイックを上げる。

 

 

 

f:id:must-ard:20190223143239j:plain

 

 

 

黒い聖杯の効果によって宝具威力を上げ、スカサハの「貫き穿つ死翔の槍」が彼女に放たれた。

 

 

 

f:id:must-ard:20190223143242j:plain

 

 

 

 

「うむ。これほどとは。」

「私は、疲れた。。。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:must-ard:20190223143251j:plain

 

 

スキルが停止したからか、キングプロテアは、人間の少女と同じサイズになっていた。

 

 

f:id:must-ard:20190223143256j:plain

f:id:must-ard:20190223143300j:plain

f:id:must-ard:20190223143304j:plain

 

 

その時、確かに彼女の瞳には、光が映った。

 

 

f:id:must-ard:20190223143308j:plain

f:id:must-ard:20190223143313j:plain

f:id:must-ard:20190223143317j:plain

f:id:must-ard:20190223143322j:plain

f:id:must-ard:20190223143327j:plain

f:id:must-ard:20190223143332j:plain

f:id:must-ard:20190223143335j:plain

f:id:must-ard:20190223143341j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:must-ard:20190223143350j:plain

f:id:must-ard:20190223143354j:plain

f:id:must-ard:20190223143357j:plain

f:id:must-ard:20190223143402j:plain

f:id:must-ard:20190223143406j:plain

f:id:must-ard:20190223143411j:plain

f:id:must-ard:20190223143415j:plain

f:id:must-ard:20190223143419j:plain

f:id:must-ard:20190223143423j:plain

f:id:must-ard:20190223143427j:plain

f:id:must-ard:20190223143432j:plain

f:id:must-ard:20190223143435j:plain

f:id:must-ard:20190223143440j:plain

 

 

そうか、彼女を救う方法はあるんだね。

 

 

f:id:must-ard:20190223143444j:plain

f:id:must-ard:20190223143448j:plain

f:id:must-ard:20190223143452j:plain

 

 

頑張ってくるよ、ありがとう。ところで、電子の妖精は手伝ってくれないのかい?

 

 

f:id:must-ard:20190223143456j:plain

f:id:must-ard:20190223143501j:plain

f:id:must-ard:20190223143507j:plain

f:id:must-ard:20190223143512j:plain

f:id:must-ard:20190223143517j:plain

f:id:must-ard:20190223143521j:plain

f:id:must-ard:20190223143525j:plain

f:id:must-ard:20190223143529j:plain

f:id:must-ard:20190223143533j:plain

f:id:must-ard:20190223143538j:plain

f:id:must-ard:20190223143543j:plain



 

 

渇愛アルターエゴ、キングプロテア。

 

彼女が笑える世界が、いつか、どこかにありますように。