【毎日更新】line walker Fate GOプレイ日記

毎日欠かさず更新して約9年・・・・・。最近はFate関連の記事しか書いてません。たぶんFate関連のブログじゃ画像使用数が世界一であると自負しています。

【FGO】幕間の物語~牛若丸~「無償の愛などなく」

 

 

関連画像

 

 

 

 

源義経

 

幼名を牛若丸。

 

かの織田信長と肩を並べるほど、日本においてその名を知らない者はいないと言われる名武将。

 

天賦の才を持ったカリスマ性と、数々の功績によって歴史に名を残す彼、、、いや彼女は、カルデアにライダーのサーヴァントとして召喚された。

 

幼くして親元を離され、天狗が住むという鞍馬山で幼生を過ごした彼女は「愛」を知らない。

 

故に、彼女とって他人とのコミュニケーションは戦場であり、そして彼女が唯一できることは、戦場で成果を上げること。

 

 

 

 

 

f:id:must-ard:20191026083609j:plain

 

 

 

まだ、人理修復が達成される前のある日のこと。

 

 

 

 

f:id:must-ard:20191026083615j:plain

f:id:must-ard:20191026083621j:plain

 

 

目が覚めたら浜辺にいた。

 

横には、自分と同じように今起きたばかりと思われる牛若丸がいた。(サーヴァントは本来寝ないはずだが・・・)

 

 

・・・・・相変わらず際どい格好をしている・・・。

 

 

f:id:must-ard:20191026083625j:plain

f:id:must-ard:20191026083629j:plain

f:id:must-ard:20191026083635j:plain

f:id:must-ard:20191026083639j:plain

f:id:must-ard:20191026083644j:plain

f:id:must-ard:20191026083648j:plain

f:id:must-ard:20191026083654j:plain

f:id:must-ard:20191026083657j:plain

f:id:must-ard:20191026083703j:plain

 

 

こうした事故は初めてじゃない。

 

もともと別の場所にレイシフトする予定が、何かのトラブルでここに不時着したらしい。

 

 

f:id:must-ard:20191026083712j:plain

f:id:must-ard:20191026083716j:plain

f:id:must-ard:20191026083721j:plain

f:id:must-ard:20191026083726j:plain

f:id:must-ard:20191026083731j:plain

f:id:must-ard:20191026083734j:plain

 

 

 うん、それでいこう。

 

 

f:id:must-ard:20191026083740j:plain

 

 

 

浜辺自体には特に何も無さそうだが、少し歩くと鬱蒼とした森林があった。

 

 

 

 

f:id:must-ard:20191026083745j:plain

f:id:must-ard:20191026083749j:plain

f:id:must-ard:20191026083754j:plain

f:id:must-ard:20191026083758j:plain

f:id:must-ard:20191026083803j:plain

f:id:must-ard:20191026083808j:plain

f:id:must-ard:20191026083814j:plain

f:id:must-ard:20191026083819j:plain

f:id:must-ard:20191026083823j:plain

f:id:must-ard:20191026083828j:plain

f:id:must-ard:20191026083833j:plain

 

 

 

牛若丸は誰より早く気配を察知し、その身をかがめて刀に手を置いた。

 

 

 

f:id:must-ard:20191026083837j:plain

f:id:must-ard:20191026083842j:plain

f:id:must-ard:20191026083848j:plain

f:id:must-ard:20191026083853j:plain

f:id:must-ard:20191026083859j:plain

f:id:must-ard:20191026083903j:plain

 

 

 よし、そうしよう。

 

 

先手必勝。こういう戦闘になると冷静かつ適切な戦略を提案してくれる牛若丸は頼もしい。

 

 

f:id:must-ard:20191026083908j:plain

f:id:must-ard:20191026083914j:plain

 

 

限りなく姿勢を低くしつつも、一切音を立てずに高速で木々の間を抜け、気配のする方へ牛若丸が跳んだ。

 

 

f:id:must-ard:20191026083918j:plain

f:id:must-ard:20191026083923j:plain

 

 

 

遭遇したのは、数体のラミアだった。無論、牛若丸があっさり倒してみせた。

 

 

 

 

f:id:must-ard:20191026083927j:plain

f:id:must-ard:20191026083933j:plain

f:id:must-ard:20191026083937j:plain

f:id:must-ard:20191026083941j:plain

f:id:must-ard:20191026083946j:plain

 

 

マシュが若干引いている。今後もしかしたら、そういうときが来るかも知れない、と思ったのだろう。

 

 

 

f:id:must-ard:20191026083950j:plain

f:id:must-ard:20191026083955j:plain

f:id:must-ard:20191026083959j:plain

f:id:must-ard:20191026084005j:plain

f:id:must-ard:20191026084011j:plain

f:id:must-ard:20191026084017j:plain

f:id:must-ard:20191026084023j:plain

 

 

 自分の?どうして?

 

 

f:id:must-ard:20191026084028j:plain

f:id:must-ard:20191026084033j:plain

 

 

若干、バツが悪そうに彼女が言う。その様子から、何気ない会話を振ったというよりは、興味本心があったように思えた。

 

 

f:id:must-ard:20191026084039j:plain

f:id:must-ard:20191026084043j:plain

 

 

 

 なるほどそうか、それなら・・・・。

 

 

 

 

 

 

カルデアに来たときの話、牛若丸に出会う前の話、カルデアに来る前の話・・・・。

 

 

 

 

 

とにかく、いろいろ話した。

 

 

 

 

 

f:id:must-ard:20191026084048j:plain

f:id:must-ard:20191026084052j:plain

f:id:must-ard:20191026084056j:plain

f:id:must-ard:20191026084102j:plain

f:id:must-ard:20191026084106j:plain

 

 

一瞬、間があった。それは彼女がその言葉を聞くべきかどうかを躊躇ったからだろう。

 

 

f:id:must-ard:20191026084109j:plain

 

 

 

 もちろん。言うまでもない。

 

 

 

f:id:must-ard:20191026084114j:plain

f:id:must-ard:20191026084118j:plain

f:id:must-ard:20191026084122j:plain

 

 

 

牛若丸の逸話なら色々とカルデアのライブラリで見たことがある。

 

戦場から敵将の生首を持ち帰り、嬉しそうに部下たちに見せつけて回った、とか。

 

 

 

f:id:must-ard:20191026084127j:plain

f:id:must-ard:20191026084132j:plain

 

 

 

だが、牛若丸の兄・頼朝は牛若丸の奇行が国を脅かす存在になると思い、牛若丸討伐を部下に命じさせた。

 

史実では、頼朝の命によって牛若丸はその命を断たれている。

 

 

f:id:must-ard:20191026084136j:plain

f:id:must-ard:20191026084141j:plain

f:id:must-ard:20191026084146j:plain

 

 

 いいよ。どんどん話して。

 

 

こうして会話をしていると普通に節度のある、礼節な人間であることがわかる。

 

 

だから、きっと何か誤解があったのだろう。

 

 

f:id:must-ard:20191026084151j:plain

f:id:must-ard:20191026084156j:plain

f:id:must-ard:20191026084200j:plain

f:id:must-ard:20191026084204j:plain

f:id:must-ard:20191026084208j:plain

f:id:must-ard:20191026084214j:plain

f:id:must-ard:20191026084218j:plain

 

 

え゛

 

 

f:id:must-ard:20191026084222j:plain

f:id:must-ard:20191026084227j:plain

f:id:must-ard:20191026084232j:plain

f:id:must-ard:20191026084236j:plain

f:id:must-ard:20191026084242j:plain

f:id:must-ard:20191026084246j:plain

 

 

沖を見ると一隻の洋船が浮かんでいる。オケアノスでよく見たタイプの船だ。

 

 

f:id:must-ard:20191026084252j:plain

f:id:must-ard:20191026084256j:plain

f:id:must-ard:20191026084300j:plain

 

 

浜辺から沖まではだいぶ距離がある。それこそ、空を飛ばない限りはあんなところまでたどり着けない。

 

 

f:id:must-ard:20191026084306j:plain

f:id:must-ard:20191026084315j:plain

f:id:must-ard:20191026084319j:plain

f:id:must-ard:20191026084325j:plain

 

 

 

 

「壇ノ浦・八艘跳」の画像検索結果

 

 

それは、彼女の宝具による跳躍力の超強化。

 

壇之浦の戦いにおいて船から船へと飛び移り八艘彼方へ去った逸話である。

 

 

 

 

f:id:must-ard:20191026084330j:plain

 

 

 

 

 

f:id:must-ard:20191026084335j:plain

f:id:must-ard:20191026084340j:plain

f:id:must-ard:20191026084349j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:must-ard:20191026084353j:plain

f:id:must-ard:20191026084357j:plain

 

 

 

確かに時間がかかっている。苦戦しているかはわからないが、信じて待つ。

 

 

 

 

f:id:must-ard:20191026084402j:plain

f:id:must-ard:20191026084413j:plain

f:id:must-ard:20191026084418j:plain

f:id:must-ard:20191026084425j:plain

 

 

マシュが小舟から甲板に飛び乗った。

 

 

f:id:must-ard:20191026084433j:plain

f:id:must-ard:20191026084438j:plain

 

 

甲板には一面、骸骨兵の群れが牛若丸を取り囲んでいるようだ。

 

 

 

f:id:must-ard:20191026084442j:plain

f:id:must-ard:20191026084447j:plain

f:id:must-ard:20191026084452j:plain

f:id:must-ard:20191026084457j:plain

f:id:must-ard:20191026084503j:plain

f:id:must-ard:20191026084508j:plain

f:id:must-ard:20191026084514j:plain

 

 

 

浜辺からでは戦場の様子は詳しく見えないが、マシュが加勢したことで戦局が変わったらしい。

 

 

元気いっぱいの牛若丸の掛け声と共に、敵性反応が消滅していくのが確認できた。

 

 

 

 

 

 

f:id:must-ard:20191026084519j:plain

f:id:must-ard:20191026084524j:plain

 

 

甲板から身を乗り出して牛若丸がこちらに声をかけてきた。

 

手を振ってグッジョブのポーズをとる。

 

 

 

 

f:id:must-ard:20191026084528j:plain

f:id:must-ard:20191026084533j:plain

f:id:must-ard:20191026084537j:plain

f:id:must-ard:20191026084542j:plain

f:id:must-ard:20191026084547j:plain

f:id:must-ard:20191026084551j:plain

f:id:must-ard:20191026084556j:plain

f:id:must-ard:20191026084601j:plain

f:id:must-ard:20191026084606j:plain

f:id:must-ard:20191026084611j:plain

f:id:must-ard:20191026084615j:plain

f:id:must-ard:20191026084621j:plain

 

 

 

敵性反応が再び増加した。反応自体も変化したから、敵に何か変化があったのだろう。

 

ただ、その反応も牛若丸の宝具名の後には全て消滅した。

 

 

 

f:id:must-ard:20191026084626j:plain

f:id:must-ard:20191026084638j:plain

f:id:must-ard:20191026084642j:plain

f:id:must-ard:20191026084647j:plain

f:id:must-ard:20191026084652j:plain

f:id:must-ard:20191026084659j:plain

f:id:must-ard:20191026084703j:plain

f:id:must-ard:20191026084712j:plain

f:id:must-ard:20191026084716j:plain

 

 

一瞬躊躇う彼女。しかし、明らかに何かを伝えようとしている。

 

 

f:id:must-ard:20191026084721j:plain

f:id:must-ard:20191026084726j:plain

 

 

 なんだ、そんなことかと思い、彼女の頭をゆっくり撫でた。

 

 自分にもあまりこういう経験が無いからけっこうぎこちないかもだけど。

 

 

 

f:id:must-ard:20191026084731j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いかに効率よく、最適に敵将の首をとるか。

 

 

 

戦場で成果を上げれば、唯一の肉親である兄・頼朝に褒めてもらえる。

 

 

 

それだけが彼女の全てだった。

 

 

 

無償の愛などない。

 

 

 

彼女には、戦場が全てだった。